FC2ブログ

Honey Lemon Water Version 2: for Kiseki Series

日本ファルコム「軌跡」シリーズについての感想・妄想がメインのブログに新装開店しました。思いっきりヴァンダール家推しで、『空の軌跡』以来のミュラユリスト(ミュラユリ推し)。祝!『閃の軌跡3』発売! *制作元とは一切関係がございません。

Entries

閃の軌跡III ネタバレ感想

大変時間がかかりましたが、とりあえずクリア。長かった…。

色々分かったことがあって、終章以外は大変面白くプレイいたしました。
ただ、それ以上にショッキングな展開があったりして、もうどうしようかと。

おおいにネタバレしておりますので、苦手な方は回れ右でお願いします。

ついでにスクショのテスト。
アルティナおやつタイム

*簡単な感想を箇条書きで。順不同で今思いつくままの感想を。章ごとの感想はいずれ。スクリーンショットも入れたいですし。

・全般的な感想は「面白い…! けど、まだ続くのね……」でした。終わり方がなんともはや。4章の終わり頃から、これは終わらないなあと薄々気付いていたのですが、終章のたたみ方がどっちかというと、IVの始まり部分に相当するにもかかわらず、これから…というところで怒濤の展開&ぶつ切りエンドだったということで。ラノベなら良くある展開ですが、ゲームでこれはきつすぎる。最低あと1年は待たねばならないのは辛いですね。大事なメンバーがあんな展開になってしまうし、リィン君は厨二全開になってしまうし。新旧VII組同様ちょっとドン引き展開でした。とはいえ、それまでの展開(4章終わり)まではとても楽しめたので、全体としては良かったのではないかと。ゲームバランスに関しては、序盤こそ蜂の親玉にしてやられましたが、オーダーが強かったので、慣れてからはごり押しでラスボスまで結構問題なかったです。少し手順を誤るとピンチになりましたが……。

・新VII組メンバー全員良かったです。人数もちょうど良いくらいですね。私はヴァンダール推しがありますが、それ抜きでもクルト君良かったです。ユウナちゃんはやはりエステル的でしたね。座学に弱いところや、突っ込み方とかも似ていました。クロスベル&特務支援課愛が強すぎなところがありました。そして、クルト君曰く「人が良い(チョロい)」のは確かなようです。印象が大きく変わったのがアルティナ。制服姿で健気な様子がたまりません。クールで感情が薄い彼女が学院生活で変わっていくところを見るのは良いですね。

・旧VIIもみんな大人になっていました。私はやはりラウラ推しかなあ。アリサは周りが推しすぎて、逆に寄りにくくなったと言いますか。ユーシスが本当に貴族らしくなってきましたね。でもミリアムにまとわりつかれていて意外に仲よさそうで良かったのですが…あんな結末になるなんて!! ユーシスは色々設定的に愛されているのか不幸属性がついてきたような。

・オリビエ…! 久しぶりのプレイアブルで、「ハッピートリガー」してもらえたのは嬉しかったです。ただ、最後が…。あれはさすがにないですよね!?詳しくはそのうち。

英雄伝説 閃の軌跡III_20171001153244

・次はさすがにミュラーさん出てくるよね!? そうでないと色々浮かばれないよ~。設定資料集にもミュラーさんが出てこなかったので、もしかしてという不安はあったのですが…。ミュラーさんの登場が一枚絵のみ、台詞はたったの2個しかない状況にかなりショックを受けておりました。
 とはいえ、一応ミュラー自身についてはかなりの部分でクルト君&皇帝陛下経由で出てきており、思った以上に「ミュラーの軌跡」にもなっておりました。また近いうちにまとめます。それにしても、ユリアさんとはどうなったんだろうね。オリビエとシェラについては色々判明したのですが…。

・設定資料集を読んで、初めてヴァンダール家が「子爵」であると判明。でも本編ではまったく触れられておりませんでした。「貴族」の言及はありましたけど。クルト君によると、1205年の10月頃に皇室護衛の任を外れたようですね。その後機甲師団の勤務地がシャッフルされて、第七機甲師団がなんとノルドに…。というわけでまたも第七の方々とはお目にかかれず。

・今までの伏線回収に入った点は良かったですが、後付け設定が多過ぎで、しかも、「閃の軌跡」で言っていた設定とも矛盾している箇所もあったりで、さすがにどうなんだろうと。主にナイトハルトさんの学歴とか。「閃の軌跡」第5章のガレリア要塞の時は士官学校が一緒だったって言ってたのに、IIIでは学校が違ったとか言ってるんですよ! ありえない…。もう少し確認ちゃんとしてほしかったですね。

・さてさて、軌跡シリーズは別名「モブの軌跡」でもあり、色々進展が見られた箇所もあってニヤニヤでした。特にマカロフ&メアリー教官と、ナイトハルト中佐&フィオナさん(エリオットのお姉さん)は、それぞれ帝都の夏至祭でデートしていたらしいよ。特にメアリー教官はよりによってオーレリア分校長にまで相談しているらしいし。フィオナさん関連は、お父さんのクレイグ将軍がそろそろお許しを出しそうな感じ。ナイトハルトさんが有能なのも知っていますしね。カウントダウン入っているっぽい。

色々言いたいことは山のようにあるのですが、取り急ぎ、この辺で。スクリーンショットをバシバシ撮るために二週目しています!
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

蜂蜜檸檬水

Author:蜂蜜檸檬水
 3年のブランクを経て、日本ファルコムの『軌跡』シリーズについてのブログにジャンル替えしました。待ちに待った『閃の軌跡3』が発売されるのと、個人的に大好きなミュラーさんのご実家であるヴァンダール家が出てくるので、もう楽しみで仕方ありません。プレイ日記なるものを書けるのかは分かりませんが、ぼちぼち進めていきたいと思っています。
*いずれにしましても全部私見ですので話半分で。

(お願い)コメント・拍手コメントを下さる際、必ずHN(ハンドルネーム)を入れて下さい。多くの方がいらして下さっているため、他の方と混同しないようにする必要があります。どうかご協力お願いします。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

全記事表示リンク

右サイドメニュー