FC2ブログ

Honey Lemon Water Version 2: for Kiseki Series

日本ファルコム「軌跡」シリーズについての感想・妄想がメインのブログに新装開店しました。思いっきりヴァンダール家推しで、『空の軌跡』以来のミュラユリスト(ミュラユリ推し)。祝!『閃の軌跡3』発売! *制作元とは一切関係がございません。

Entries

『軌跡』シリーズのブログにジャンル替えしました!

恐らく誰も読んでいないでしょうが、一応ご挨拶を。
大変、大変ご無沙汰いたしました。およそ3年ぶりのブログ復活となります。このブログ自体、実は10年前に始めていたのに先ほど気付きました。月日の経つのはとても早いですね。

『彩雲国』のあと、『レアリア』も2巻までは読み、その後、『骸骨を乞う』の改訂版も2種類とも読破したところで、その後の新刊は出ていない状態であり、自身の多忙もあってそろそろ閉じようかと思っておりました。

ところが、ずっと追いかけていた『軌跡』シリーズの最新作『閃の軌跡3』がいよいよ来週(9/28木曜)に発売とということ、『空の軌跡』で、思いっきりファンになってしまったミュラ-さん(=ミュラー・ヴァンダール中佐[*『閃の軌跡3』では中佐に出世しているらしい!!])の後の物語が読めるかもしれないということで、やはりここはおおいに語りたい! ということで、久しぶりに出てくることにしました。まあ、ミュラーさんの弟であるクルト君が物語ではメインの一人として登場するんですけどね。

さて、私は元々RPGが好きで、昨年にPS4を購入して以来、FF15・DQ11をプレイし、ファルコム作品も『東亰ザナドゥex+』・『イースVIII:ラクリモサ・オブ・ダーナ』をクリア済みまで来ました。『軌跡』シリーズは、PCソフトの時代からずっと追いかけており、かれこれ12-13年くらいになります。(もっと長期間追いかけている某演劇漫画はその間ずっと止まっている…! 恐ろしい子!)

『彩雲国』と同時進行で『軌跡』を追いかけていたのですが、特に『空の軌跡SC&the 3rd』&『碧の軌跡』で進展した(?)ミュラユリ(ミュラーさん&ユリア・シュバルツ准佐)推しになってしまって、二人の軌跡のその後をとても知りたいということと、ミュラーさんがオリビエの護衛ということもあって帝国編をとても楽しみにしておりました。

ですが、『閃の軌跡1/2』で描かれたエレボニア帝国は内戦前後で、ミュラー&オリビエの話はほとんど進まず。ヴァンダール家もノルドのゼクス中将の登場くらいしか描かれず、主人公のリィン・シュバルツァーとVII組メンバーのリア充トールズ士官学院生活&スーパーロボ大戦がメインでした。なので、ほんの少しだけ寂しさを感じておりました。(とはいえ、なんだかんだ言っても大いに楽しんでプレイしたのですが…!)

ところが、ここにきて、まさかのヴァンダール家の人物がメインメンバーの一人になり、物語でもそれなりに重要な位置を占めそうになるなんて! これは期待しても良いのかと色々情報を探りました。すると、まさかミュラーに弟が!なんて展開に驚きつつ、(『閃の軌跡』でもオリビエに弟妹が!と驚いたのですが)まさかヴァンダール家が皇帝守護の任を解かれてしまうなんて!とか、驚きの展開だらけで、気になることこの上ない状態です。

というわけで、とりあえず、まずはミュラーさんの弟であるクルト・ヴァンダール君を公式サイトから拾ってきたアイコンで載せておきましょう。

icon_sen3_03.jpg

に、似てない…! 最初、このイラストを見たときは、『閃の軌跡』に登場したVII組のユーシス・アルバレアと髪の色が違うだけじゃないかと思ってしまいました。

ちなみに、先週購入した『閃の軌跡マガジン』内に掲載された近藤社長のインタビューコメントによりますと、クルト君は、ミュラーさんとは異母兄弟であり、髪の色は母親譲りとのこと。お母様は後妻なのかな。一応、『イースVIII』附属の『閃の軌跡3』の小冊子には、クルトの母親の名前が「オリエ・ヴァンダール」とありましたので、ミュラーさんの母親とは離婚or死別ということなのでしょうかね。まさか、オリビエやユーシスみたいに、平民の妾の子などという展開はないと思いたいのですが。イラスト集に載っていたくらいですから、オリエさん自身が登場するのは確定みたいですし。ミュラーさんが既にアラサーなので、さすがにミュラーさんのお母さんが年の離れた弟というのは無理がありすぎ…と思っておりましたので、後妻設定ならば納得なのですが…。

それにしても、ここまで兄弟の年齢を離した(15歳差)のはなぜなのか。(後付け設定なのは十分承知の上で)

ここからは完全に私の妄想ですが、ヴァンダール家は元々「アルノールの守護者」と呼ばれ、皇室護衛の任にある武の名門で、恐らく「四大名門」に次ぐ家格の貴族…のはず。*実はこれまでヴァンダール家が「貴族」であると明言されたことは一度もないので、なんとも言えません。

にもかかわらず、皇位継承権を放棄した庶出のオリヴァルト皇子(=オリビエ)の護衛をミュラーさんがしていることに実は違和感を感じておりました。つまり、皇位継承権のない皇子になぜそこまでヴァンダール家が肩入れするのかな?と。『空の軌跡SC』の時から、ゼクス中将もオリビエに加担し、その結果ノルドに飛ばされてしまいましたし…。ミュラーさんがオリビエの弟妹であるセドリック皇太子とアルフィン皇女の護衛にならないことを決めた結果、クルト君が護衛になるべく生まれてきたのかな…と。年齢が同じですからね。しかも、兄弟の年齢差は、実はオリビエとミュラーがトールズに在籍していた時と重なります。これって単なる偶然で片付けるにはかなり不自然ですよね。

となりますと、ヴァンダール家は、かなり意図的に皇室の動きに合わせているのだと考えられます。そんなにうまく行くのかという問題はありますが、皇室と関わる家だからこそ、あり得るのでしょう。

さらに、特に『閃の軌跡II』で、なぜヴァンダール家は皇室の人々を護らなかったのか?という疑問がありました。シュバルツァー家(リィン&エリゼ)の方がしっかり護衛していたよ!というのもあって、ヴァンダール家が任を解かれるのも仕方ないと思っていたのですが、オリビエにはミュラーさんが付いていたのに…と思うとますます不思議なのです。ヴァンダール家当主(マテウス・ヴァンダールというらしい。恐らくミュラー&クルトの父親で、ゼクス中将の兄。「叔父上」ってミュラーさんが呼んでいましたからね)はなぜ皇帝一家を護衛しなかったのでしょうか。この辺りは描かれるのかしら?

で、その場合、ミュラーさんがオリビエについていくと決めたときに、ヴァンダール家として一種の覚悟を決めていた可能性があります。今回、オリビエの過去が語られるそうですので、その際に絶対ミュラーさんもご登場のはず! ということで、期待しておきましょう。二人はトールズ士官学院で一緒に過ごした仲(『閃の軌跡』の解説本だかイラスト集だかに書いてありました)ですし、『空の軌跡SC』でオリビエはゼクス中将に「8年前(『SC』時点)に貴方に武術を教わった…」と言っていましたから、恐らくゼクス中将はトールズで教鞭を執っていたのでしょうし。そうした時代のことが詳しく描かれる可能性がありますね。当時の制服とか、ナイトハルト教官(ミュラーとは同期だと本人が言っていましたね)の学生時代とかもみてみたい! きっと水練で相克法を使って競争していたのでしょうねえ。あと、オーレリア分校長とミュラーさんの修業時代も見てみたい!二人は同い年なのですよ。これ何かあったのかなあ。ミュラユリストとしては、少し気になるところです。

リーヴスにできる第II分校も、新生VII組(ユウナ・アルティナ)も、リィン教官も勿論楽しみなのですが、まずはクルト君を追いかけて、ヴァンダール家の掘り下げがなされるのをかなり楽しみにしています。ちゃんと道場もあるようですよ! 領地はあるのかな。クルト君は出身が帝都ヘイムダルになっていた(皇室護衛なのだから、これは納得)ので、独自の領地はないかもしれませんね。あるいは、帝都とそれ以外に道場とかあるのかもしれません。こうした設定部分も楽しみです。

ちなみに、ヴァンダール家の男性陣はみんな紳士的だと思います。PVで見ましたが、クルト君もいざというときはユウナに優しいですし、ゼクス中将もオーレリアと対峙したときの口調とか、ミュラーさんとユリアさんの会話とかから推測しても、やはり優しい。そういうところが貴族的であると言えるかもしれません。女性にとても礼儀正しいように思うのです。無論、クルトもミュラーもちょっぴりSの気があって、意地悪を言うところもありますけど…ユウナ相手とか、ジョゼット相手とか。

そういえば、兄弟二人ともオーブメントに「水」が入っている! ヴァンダール流は「護り」の剣とされていますし、水属性は納得ですね。

思った以上にとりとめもなく、まとまりもおちもなく、つらつらと思いの丈を書いてしまいました。整理は付かないのでこの辺で。




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

蜂蜜檸檬水

Author:蜂蜜檸檬水
 3年のブランクを経て、日本ファルコムの『軌跡』シリーズについてのブログにジャンル替えしました。待ちに待った『閃の軌跡3』が発売されるのと、個人的に大好きなミュラーさんのご実家であるヴァンダール家が出てくるので、もう楽しみで仕方ありません。プレイ日記なるものを書けるのかは分かりませんが、ぼちぼち進めていきたいと思っています。
*いずれにしましても全部私見ですので話半分で。

(お願い)コメント・拍手コメントを下さる際、必ずHN(ハンドルネーム)を入れて下さい。多くの方がいらして下さっているため、他の方と混同しないようにする必要があります。どうかご協力お願いします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

全記事表示リンク

右サイドメニュー