FC2ブログ

Honey Lemon Water Version 2: for Kiseki Series

日本ファルコム「軌跡」シリーズについての感想・妄想がメインのブログに新装開店しました。思いっきりヴァンダール家推しで、『空の軌跡』以来のミュラユリスト(ミュラユリ推し)。祝!『閃の軌跡3』発売! *制作元とは一切関係がございません。

Entries

大変ご無沙汰しております。『かつくら』と『彩なす夢の終わり』読みました。

もうこちらに書くのが気がつけば2年以上! 放置しており、大変申し訳ありませんでした。訪問者もほぼいないことでしょうし、そろそろジャンルも変更しようかなと検討中です。

最近になってやっと精神的に余裕が出てきて、改めて『骸骨』を冷静に読み直すことができました。そして改めて彩雲国物語のキャラや世界観が好きだなあと認識できました。現在、少しずつ読み直しているところです。

また、随分前ですが、『かつくら』や『彩なす夢の終わり』も両方読みました。『かつくら』を読んだ中では、「中の人(声優さん)」つながりで悠舜のキャラ変更がなされたということで、少し驚きました。ただ、N○Kアニメで悠舜役をやっておられた神奈延年さんは私も声が好きでしたし、まあ納得かなあと思います。確か無双のキャラ(曹丕)ですよね。で、作者様が『三国志』にはまっておられたのは上の記事からでも明らかだったのですが、本というよりはゲーム由来だったのですね……。無論資料もかなり読み込んでおられたのもあるでしょうから、一概には言えないのですが……。私の妄想(特に『三国志』つながり)もあながち間違いではなかったんだなとわかって嬉しかったです。

私も多少無双はやったことがありましたので、あの声をきくと、確かにこれで黒悠舜の演技してほしいなあとは思いました。無双なら孔明/趙雲役の声優さんも好きだったんですけどね……。

無双と彩雲国のコラボですと、悠舜はやはり孔明で火計発動しまくりなのでしょうねえ。羽扇でビーム出すのか……とっても似合いそうですね。じゃあ凜さんも月英で、色々発明して夫を助けるんでしょうね。王様はやっぱり劉備か劉禅かってところですか。藍楸瑛や静蘭は誰が良いかなあ。色々妄想が出てきて楽しいです。

『彩なす~』内に収められた改稿版「怪盗ジャジャーンを追え」も読みました。ショックのあまり凜発明の大砲花火をぶっ放して、屋根飛ばすほど、悠舜がテロリスト状態になってましたね。家の屋根まで飛ばすほど奥さんに逃げられたくなかったのか……(ならもうちょっと家に帰ろうよとかいうのはなしなのでしょうか)。ただでさえ三行半騒動の直後っぽい時期設定でしたし、気持ちはわからないではありませんが……。

ところで、『骸骨』で楊修に対して悠舜が嫉妬していた原因がまさかここに書いてあるとは意外でした。単に凜に壊れた眼鏡を直してもらって調整中のところを、浮気現場と思い込んで踏み込んでいく悠舜、本当に必死だったですよ。

ただ、この期に及んで名言(?)もありましたね。曰く、

「世界が愛であふれたら、きっと馬鹿しかいないのです」(p.118)

たまにこんなことを口走ってしまうのが悠舜の悠舜らしいところで、単なる悪党ではやっぱり終われないキャラなのですよね。もちろん、コメディの中でだけ、そして過労で頭のねじがどこかに飛んで行っているとき限定ではありますが、それでも、なんだかんだ言って悠舜はロマンチストなのだろうなと思いました。そうでないと凜さんと結婚できなかったと思いますよ。それに、ちゃんと秋祭りの日に求婚していますし、よく考えると結構シチュエーション大事にする人でしたね。『黄昏~』でも『骸骨~』でも、夫婦の会話は月の見える晩に行われてますし。細かいところなのですが、結構月光描写と夫婦関係がリンクしていましたよ。

CDも聞きました。「生ける悠舜、呪いの棺桶を走らす」、もう最高に面白かったです。悠舜の巨悪ぶりがこれでもかとわかりましたし、黎深が可哀想なくらいでしたが、やっぱりこれくらいでもめげないのが黎深ですから、良いかな、とか思ったり(鬼だ……)。

大人版彩雲国は最初の3巻で終わりということで、かなり残念ですが、仕方ないですね。書き直しにはかなりのパワーが必要になるでしょうし、『骸骨~』執筆後は本当にお疲れだったと思いますので……。

それにしても、雪乃先生の新刊はいつ出るんでしょうね。似たようなキャラが出るなら是非買いますし、待っているのですが……。できたら洋物で、特にヴィクトリア朝もの辺りだと面白いと思うのですが……執事とか、メイドとか、貴族とか! パブリックスクールとか! 黎深みたいな俺様キャラとか、晏樹みたいなキャラとか、思いっきり似合いそうじゃないですか。悠舜はさしずめジキルとハイド!? やばいキャラですね。

等々、とりとめもなく書いてしまいました。

また気づいたことや書きたいことがあればつらつら書いていきたいと思います。彩雲国だけではなく、現在はまり中の日本ファルコムの「軌跡」シリーズについてもいずれ書きたいですね。いつになるかわかりませんが、折を見て書きますね。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

蜂蜜檸檬水

Author:蜂蜜檸檬水
 3年のブランクを経て、日本ファルコムの『軌跡』シリーズについてのブログにジャンル替えしました。待ちに待った『閃の軌跡3』が発売されるのと、個人的に大好きなミュラーさんのご実家であるヴァンダール家が出てくるので、もう楽しみで仕方ありません。プレイ日記なるものを書けるのかは分かりませんが、ぼちぼち進めていきたいと思っています。
*いずれにしましても全部私見ですので話半分で。

(お願い)コメント・拍手コメントを下さる際、必ずHN(ハンドルネーム)を入れて下さい。多くの方がいらして下さっているため、他の方と混同しないようにする必要があります。どうかご協力お願いします。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

全記事表示リンク

右サイドメニュー