FC2ブログ

Honey Lemon Water Version 2: for Kiseki Series

日本ファルコム「軌跡」シリーズについての感想・妄想がメインのブログに新装開店しました。思いっきりヴァンダール家推しで、『空の軌跡』以来のミュラユリスト(ミュラユリ推し)。祝!『閃の軌跡3』発売! *制作元とは一切関係がございません。

Entries

明けましておめでとうございます

年が明けました。本年もよろしくお願いいたします。

年末最後の考察記事および秀麗の真の雇い主に関する記事にはたくさんの拍手や拍手コメントを頂きましてありがとうございました。

やはり皆さん気になっておられるポイントが同じなんですね~と思いました。

さて、今日はいつものタイトルではないですが、日記をかねて現在思いついているテーマを簡単に考察しておきます。しばらく多忙につき更新頻度が極端に下がるかもですが、折を見て考察していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

で、やっぱり悠舜についてです(なにせ、次巻が出たら答えが出てしまって語れなくなっちゃうかもなので、今のうちに散々妄想しておきたいなと。これぞ読者の自由な楽しみですね)。興味ある方だけどうぞ。

・悠舜の秘密を知る人たち

今まで文字通りに読みすぎていて見えなかったことだったのですが、よくよく考えてみると、晏樹・皇毅・旺季たちに限らず、うーさまや櫂瑜、無論霄太師や宋将軍など、長年官吏をしている人たち(特に高官たち)は皆悠舜の出自を知ってるんですよね、そういえば。邵可はもちろん、藍家三つ子当主たちも。

何が言いたいのかというと、悠舜の出自に関しては皆とっくにわかっているからあえて何も言わないでいるというスタンスを取ってるんだな、ということです。

出自に関しては、悪夢組より上の人たちは皆知っているからこそ悠舜の行動を理解していて、それに合った占い結果(byうーさま)だの、死にフラグ予言(byリオウ)だのを言っているわけですよ。

なんだかとてもややこしい言い方をしていますが、単純に言うと、もし悠舜の出自が仮に王家(紫家)だとしても、そんなことはわかりきっているから作品内で年上のキャラクターたちがわざわざ驚いたり、あえて言及したりするわけがない、ってことです。暗黙の了解ってやつですね。それを作中で明らかにしてくれたのが晏樹なわけです。(知ってる人は皆知ってるのにね~ってな感じか?)

ただし、読者、黎深様たち悪夢組、および王様含め年下組にはまだ謎のままなんですけどね。この認識の差はかなり大きい。

でも高官たちが皆悠舜の出自について暗黙のうちに留めているっていうのは、やっぱり相当の家柄でないとありえないような気がする。もしくはよほど秘密にしなければならない陰謀事件でもあったか。となると、関連しそうなのは暗黒の大業年間(悪夢組は明らかにこの年代生まれのような気がするんですが)の縹家の暗躍ですね。

さらに、何度も言われている確定事項の「七家外」という出自には、当然のことながら八家目の紫家は入っていないですし……。

実は私の中には悠舜=縹家説もあるにはあったのですが、紅家関連のことを思うとさすがに難しいので却下かなと。

ということで、結局のところ、要はまだ悠舜の出自に王家の可能性は消えていないどころかむしろそうかも?ということを言いたいだけなんですけどね。その可能性が以前にも増して上がったということがわかったというかなんというか。

さらなる補強点もあります。

実は、『紅梅』で悠舜が劉輝に「なぜそなたはそんなに優しくしてくれるのだ?」と問われた際、悠舜が「どうしてか、寂しそうに笑った」という箇所がずっと気になってます。

悠舜が単に劉輝と似たような幼少期を送ったからなのか、それとも(元)親族だからなのか、どうにも判じかねるところがあって、それ故にこの部分がかなり重要かなと思ったわけです。

また、悠舜は自分が劉輝と似た部分が多い、と言っていたところが少なからずあって、それも気になっています。

つまり、黎深に散々言われても、どう考えても劉輝の藍州行きが愚かなことだとわかっていても、ここまで悠舜が劉輝のことをかばえるのは、さすがに親族だからじゃない?って思ったりしたんですよね~。静蘭が劉輝をかばうのと何とはなしに似ている気もしていますし。

特に万が一悠舜が幼少時の劉輝のように「虐げられて忘れ去られていた公子」だとしたら……って考えるとかなりしっくりいくんですよ、これが。

……とか色々妄想してみましたが、どうなんでしょうね~。うまく整理できなかったので、この辺にしておきますね。

それでは~
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

蜂蜜檸檬水

Author:蜂蜜檸檬水
 3年のブランクを経て、日本ファルコムの『軌跡』シリーズについてのブログにジャンル替えしました。待ちに待った『閃の軌跡3』が発売されるのと、個人的に大好きなミュラーさんのご実家であるヴァンダール家が出てくるので、もう楽しみで仕方ありません。プレイ日記なるものを書けるのかは分かりませんが、ぼちぼち進めていきたいと思っています。
*いずれにしましても全部私見ですので話半分で。

(お願い)コメント・拍手コメントを下さる際、必ずHN(ハンドルネーム)を入れて下さい。多くの方がいらして下さっているため、他の方と混同しないようにする必要があります。どうかご協力お願いします。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

全記事表示リンク

右サイドメニュー