FC2ブログ

Honey Lemon Water Version 2: for Kiseki Series

日本ファルコム「軌跡」シリーズについての感想・妄想がメインのブログに新装開店しました。思いっきりヴァンダール家推しで、『空の軌跡』以来のミュラユリスト(ミュラユリ推し)。祝!『閃の軌跡3』発売! *制作元とは一切関係がございません。

Archive [2009年12月 ] 記事一覧

どうか良いお年を

三回目の年越しとなりました。来て下さいました皆様には本当にありがとうございました。年末の多忙によりコメント返信ができませんで申し訳ありません。年明けにさせてください。来年の展開は一体どうなるのかまた頑張って考察&妄想していきますのでよろしくお願いいたします。それではどうか良いお年をお迎え下さい。...

妄想呟きメモ(55)

またメモに戻ります。12/22 ・絳攸の使い道若者組の凋落著しい今日この頃ですが、特に扱いが厄介なのが絳攸じゃないかと思うように。といいますのも、藍さまとは違い武芸もできませんし、ただの冗官では何の権力も行使できず、しかも紅家の後ろ盾もなくなった今、本当に彼は王様がいないとどうにもならないからです。絳攸には拾ってくれる部署もないんですよね…。鳳珠か飛翔が拾ってやればまだましなんでしょうが、今の絳攸...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 コメント返信 (その2)

さらなるコメント・拍手・拍手コメントありがとうございます。楽しく読ませて頂いております。改めましてまとめ返信になりますが、以下に書かせて頂きます。新説もちらほらと。妄想も多々入っておりますので適時自衛お願いします。・鳳麟の正体?鳳麟の正体は鳳珠?という説を頂きました。(ありがとうございました)。ええと、残念ですが、私個人はさすがにそれは飛躍しすぎかも?という気がしております。といいますのも、確かに...

妄想呟きメモ(54)

これからは再びメモでいろいろと好きに考えてみたいと思います。コメント返信はまた後日まとめてにします。しばらくお待ちを。12/12(マラソンの日ですね!)・クールでニヒルでアツイ男たち相変わらず悠舜からの派生でいろいろ読みあさっているんですが、実は悠舜のようなタイプは少女漫画の世界ではそれなりにいるキャラなのかな?という気がしています。偶然数年ぶりに岡野玲子の『陰陽師』を古書店で買って読んでいたんですが、...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 コメント返信

感想記事では本当にたくさんのコメント・拍手・拍手コメント頂きました。ありがとうございます。書いている間本当に励みになり、かついろんなご指摘を頂いて参考になりました。個別の返信ではなく、まとめ返信として以下に書かせて頂きます。いつも通りお名前は表記しませんが、一応書かれたことに基づいて返させて頂きますので該当の箇所をご覧下さいませ。微妙に新説入れられる部分があった場合はこっそり入れてます。*所々、ピ...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 感想(その7)

彩雲国物語 第19巻(本編第15巻)『暗き黄昏の宮』 (朝廷・御史台および縹家編その1)の感想(その7)です。今まで色々言ってきましたが謎はまだまだ残ってますね。ただ、こちらも多忙ゆえ、あまり引き延ばすわけにもいかず、今回の小ネタ集で感想記事としては終わりにします。あとは妄想メモやコメント返信等でまったり更新とさせていただきます。さすがに今回は人も多く、色々伏線も錯綜してるので私も読みおとしが多くて、...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 感想(その6)

彩雲国物語 第19巻(本編第15巻)『暗き黄昏の宮』 (朝廷・御史台および縹家編その1)の感想(その6)です。大変長らくお待たせいたしました!いよいよ第三夜(第三部)、悠舜の部屋にあの方がずかずか入ってきます。思ったより長くなりました。・「夜の尚書令室にて」第三夜:裏切りのライセンス(悠舜&皇毅)今までずっと皇毅の事について触れてこなくて申し訳なかったです。じっくり描きたいと思っていましたので、スペー...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 感想(その5)

彩雲国物語 第19巻(本編第15巻)『暗き黄昏の宮』 (朝廷・御史台および縹家編その1)の感想(その5)です。(その4)からの続きで今回は第二夜(第二部)を。劉輝と悠舜のやり取り編です。・「夜の尚書令室にて」第二夜:飛蝗と人事と私(悠舜&劉輝)(その1)でもほんの少し触れましたが、劉輝と悠舜の関係は一見ほのぼのした師弟関係が続いているように見えますね(特に蝗害を説明する部分で)。このほのぼの関係、もう...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 感想(その4)

彩雲国物語 第19巻(本編第15巻)『暗き黄昏の宮』 (朝廷・御史台および縹家編その1)の感想(その4)です。ここからは、悠舜と彼と関わった三人(凜・劉輝・皇毅)について感想というか、考察で。実は、今回起こった悠舜と3人のやり取り、全部同じ場所・時間帯で繰り広げられていたことに皆様お気づきでしょうか?そう、実は全部夜の尚書令室であったことなのです。ということで、今回は夜の尚書令室で起こった3つのエピソー...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 感想(その3)

彩雲国物語 第19巻(本編第15巻)『暗き黄昏の宮』 (朝廷・御史台および縹家編その1)の感想(その3)です。ここでは悠舜に関して。今回の管理人は悠舜に一言言いたくて本当にうずうずしてました。だって、だって……。まあそれはおいおいに。・本日の説教部屋行きは……?:鄭悠舜もう、今回の悠舜の動きにはショックというよりも怒りが色々こみ上げました!(なぜか語気が強い)言うまでもなく、凜さんとのことですよ!まさかま...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 感想(その2)

彩雲国物語 第19巻(本編第15巻)『暗き黄昏の宮』 (朝廷・御史台および縹家編その1)の感想(その2)です。こちらではいつもの如く、極力たくさんの人の感想を。ただ、今回はかなり登場人物が多いので、注目したい人たちだけになります。さらに、細かい考察は別項に譲ります。ご了解下さい。・それにしても……甘過ぎです:李絳攸・シ静蘭本来ならば藍さま含め3人を十把一絡げにして言いたかったのですが、楸瑛は縹家に乗り込ん...

彩雲国物語 『暗き黄昏の宮』 感想(その1)

彩雲国物語 第19巻(本編第15巻)『暗き黄昏の宮』 (朝廷・御史台および縹家編その1)の感想(その1)です。行方不明になった秀麗の行き先はどこ?混迷する朝廷と黄昏の天空の宮(縹本家)を中心に、いろんな人の人生の岐路を描いています。*お待たせいたしました!やっと公式発売日になりましたのでネタバレ感想アップします。ネタバレのみならず、妄想・ツッコミ・考察等色々混ざっておりますので未読の方は要注意です。相...

左サイドMenu

プロフィール

蜂蜜檸檬水

Author:蜂蜜檸檬水
 3年のブランクを経て、日本ファルコムの『軌跡』シリーズについてのブログにジャンル替えしました。待ちに待った『閃の軌跡3』が発売されるのと、個人的に大好きなミュラーさんのご実家であるヴァンダール家が出てくるので、もう楽しみで仕方ありません。プレイ日記なるものを書けるのかは分かりませんが、ぼちぼち進めていきたいと思っています。
*いずれにしましても全部私見ですので話半分で。

(お願い)コメント・拍手コメントを下さる際、必ずHN(ハンドルネーム)を入れて下さい。多くの方がいらして下さっているため、他の方と混同しないようにする必要があります。どうかご協力お願いします。

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

全記事表示リンク

右サイドメニュー