FC2ブログ

Honey Lemon Water Version 2: for Kiseki Series

日本ファルコム「軌跡」シリーズについての感想・妄想がメインのブログに新装開店しました。思いっきりヴァンダール家推しで、『空の軌跡』以来のミュラユリスト(ミュラユリ推し)。祝!『閃の軌跡3』発売! *制作元とは一切関係がございません。

Archive [2007年11月 ] 記事一覧

彩雲国物語 宮城考察

設定考察その11です。今回は彩雲国宮城内部構造について。*図がないとわかりにくいですので、今回は参考文献やWebより画像を引用元を明らかにしてからお借りしております。著作権等の関連がありそうな場合はすぐに削除します。(個人使用であり、営利目的ではないので大丈夫だと思いますが……)私は『心は藍』で、秀麗が悠舜から蜜柑をもらうときに歩いていった丹鳳門や宣政殿って一体どこ?とか、『紅梅』以降に登場した宰相会議...

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第28話 「桃栗三年柿八年」 感想

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第28話 「桃栗三年柿八年」(『青嵐』冒頭-p74)の感想です。今回もまた怒涛のように話が進んでいきました。場面が飛びすぎてなんだかわかりにくいというか。欲しい台詞もいくつか抜けていたような気もします。さて、いきなり十三姫登場ですね!燕青も復活!(今回は髭がなかった……いつもなら絶対髭そらないと思うんだけどなあ)。十三姫はあっさり追っ手の処理を燕青に任せて逃げていきました…...

彩雲国物語 未来予想(妄想)呟きメモ(7)

今日は新たな発見がありましたので以下にちょろっと。11/21・悠舜のモデル?:唐の名臣たち隋唐帝国 (講談社学術文庫)(1997/10)布目 潮渢、栗原 益男 他商品詳細を見る上記の本を読んでいたら、悠舜の宰相としてのあり方が唐の名臣たちのそれとかぶっていることがわかりました。大きな例は以下の二つかなと。まず、貞観の治に登場する太宗(李世民)の名臣魏徴(584-643)。(Wiki)彼は「明君である理由は兼聴(多くの人の言...

記事更新日記 (11/21)

いつの間にか記事の数が多くなってきました。自分も記事を探すのが中々大変になってきましたよ。細かい更新を結構していますが、中々わかりにくいと思いましたので、更新した記事についてはここに記しておくことにします。(随時気が向いたら行っていきます)暇ができたら調べやすいようインデックスを作る予定です(一応記事の数が100を越えたあたりで考えています)。それまではブログ右コラムにある「ブログ内検索」をどうぞご...

彩雲国物語 後宮制度考察

設定考察その10で、後宮の制度(特に天子の妃)に関する考察を少しばかり。彩雲国で出てきているのは秀麗が一時なっていた「貴妃」と十三姫がなりかけた「后妃」だけですが、そのほかにも唐代には色々あったようですのでそれを以下にまとめておこうと思います。基本的に彩雲国の王妃には后妃と妾妃があり、正妃としての皇后(=后妃)と、側室としての妾妃にわかれています。ただ、これはあくまでもそれぞれの妃の生まれた身分に基...

彩雲国物語 未来予想(妄想)呟きメモ(6)

このスタイルも6回目。まとめなくていいから色々呟けていいですね。11/19・邵可の昔の職場邵可が府庫づとめになったのは15年前に紅家を追い出されてからのことだったはず。年齢は25歳からですね。で、それ以前、つまり邵可が前紅家当主に遊学の名で紫州に赴いた10歳頃から薔薇姫を暗殺しにいく20歳過ぎくらいまでは「黒狼」以外にどんな職場にいて仕事をしていたのでしょう?それとも、黒狼としての仕事しかしていなかったのだろう...

彩雲国物語 未来予想(妄想)呟きメモ(5)

昨日はアニメのせいでテンションが下がり、妄想呟きが書けず。今日もほんの少しですが、呟きだけ……と思っていたらかなりの分量に。調べだしたら際限がなくなってしまいました。11/18・名前(その2)*順不同です。漢字そのまま由来の場合は『漢字源』を元に引用してます。・シ静蘭の名は確か清苑+鈴蘭(母君の名前)。姓の「し」はコンピュータで出ない文字ですが、「むらさき草」のことで、王家「紫家」に通じるものとして邵可が...

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第27話 「待たれる身より待つ身」 感想

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第27話 「待たれる身より待つ身」の感想です。 今回ははっきり言って総集編でしたので、あまり言う事ないですが、前の時より話がややこしかったせいもあってうまくまとまっていましたし、それなりに新しいところも入っていたのでまだ良かったです。タンタンと楸瑛が目立っていましたよ。タンタンの存在感に脱帽です。いつしかすっかり主役を食ってましたね。今日の静蘭は一段と意地悪で、ブラッ...

彩雲国物語 未来予想(妄想)呟きメモ(4)

3日坊主にならないように少しだけ新たな妄想を書いておこうかと。これはみなさん気になっていることでしょうけれど、私もやはり気になるので。。11/16・楸瑛はどうなるの?藍楸瑛が藍家を勘当されて、王様に貴陽へとお持ち帰りされたのはいいんですけれど、藍家の貴陽別邸には住めないし、藍家の伝手は使えないし、将軍職も辞めちゃったしで、彼はこれから一体どこに住んで何をするんだろう?とか思ってます。今まで書かなさ過ぎだ...

彩雲国物語 未来予想(妄想)呟きメモ(3)

呟きメモも三日目。三日坊主になるかもですが、とりあえず思いついたことを。11/15(七五三の日ですね)・孤独な王様:黎深と劉輝このシリーズは性格や生き様が対になっているキャラクターが割と多いのですが、黎深と劉輝もその一組かなと。無論、性格等が全然違うのはわかっていますが、二人が抱える孤独感の原因が兄由来という点は一致します。二人とも敬愛する兄に置いてけぼりにされた経験があって、兄大好きなゆえに他人との...

彩雲国物語 未来予想(妄想)呟きメモ(2)

テンプレートを変えたのですが、結構エラーが多く、元に戻してしまいました。さて、昨日思いついて書いただけの妄想に思いの他たくさんの拍手を頂きましてびっくりです。本当にありがとうございます。とても励みになります。今日も気まぐれに思いついたことだけ書いておきます。(私の思考は悠舜を中心に回ってますので、その辺ご了解ください)11/14・燕青復活の意味『青嵐』以来、燕青が帰ってきて嬉しいです。彼の本来の目的の...

彩雲国物語 インデックス(設定考察)

彩雲国物語 インデックス(考察記事)Old→Newの順番で。<設定考察>・その1:官位相当表考察 リンク・その2:登場人物年齢考察 リンク・その3:彩八仙考察 リンク・その4:四省六部制度考察 リンク・その5・6:国試制度考察 (その1) (その2)・その7:出世コース考察 リンク・その8:朝廷大官人事考察 リンク・その9:年表考察 リンク・その10:後宮考察 リンク・その11:宮城考察 リンク・その12:国試制...

彩雲国物語 インデックス(小説・アニメ)

彩雲国物語 インデックス Old→Newの順番で。<小説>*『タイトル』(『短縮形』)は、このブログで使う際の表記です。・第1巻: 『始まりの風は紅く』 (『始まり』) 感想 リンク・第2巻: 『黄金の約束』 (『黄金』) 感想  リンク・第3巻: 『花は紫宮に咲く』 (『紫宮』) 感想 リンク・第4巻: 『想いは遙かなる茶都へ』 (『茶都』) 感想 リンク・第5巻: 『漆黒の月の宴』 (『漆黒』) 感想 リンク...

彩雲国物語 未来予想(妄想)呟きメモ(1)

考察としてまとめるには……なのですが、とりあえず思いついたことをだらだら書き付けてみます。そのうち考察に組み入れたり、新たにエントリー作るための予備ということで。思いつくままに書いてみます(いつも思いつくままなんですけどね)。日本語もガタガタ(いつものこと)ですが、あくまでも独り言なので。11/13・邵可と悠舜。実はこの二人、原作中直接会話した場面がほぼないことにふと気づきました。そして、悠舜も邵可につ...

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第26話 「大賢は愚なるが如し」 感想

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第26話 「大賢は愚なるが如し」(『緑風』pp.193-最後)の感想です。 *ほとんど書きあがっていた原稿が、また間違ってクリックしたために消えてしまいました……(T T)。懲りない私です。保存しないとダメですね。頑張って記憶をたどりながら書き直しました。  『緑風』が今回で終わりました。怒涛のように思いましたが、最後はきっちりまとまっていましたね。それなりに中...

彩雲国物語 アニメ第2シリーズドラマCD2番外編 「表か裏か~静蘭と燕青と悠舜~」・「楸瑛と絳攸~誰かに手を引かれ~」 感想

彩雲国物語 アニメ第2シリーズドラマCD2番外編「表か裏か~静蘭と燕青と悠舜~」・「楸瑛と絳攸~誰かに手を引かれ~」の感想です。 「彩雲国物語」セカンドシリーズ ドラマCD2 番外編~「裏か表か~静蘭と燕青と悠舜~」・「楸瑛と絳攸~誰かに手をひかれ~」~(2007/11/09)ドラマ商品詳細を見る今回のCDはアマゾンで発売日にちゃんとやってきました。早速聞きましたのでちょこっと感想を。 「表か裏か~静蘭と燕青と悠舜~」 最初か...

彩雲国物語 年表(『白虹』時点まで)

設定考察も色々してきましたが、やはり年表がないとわかりにくくなってきましたので、設定考察9として、年表を作ってみました。一応蒼玄王の時代から現在時点(『黒蝶』:上治四年(秀麗18歳)秋)までに起こった出来事(『黎明・黒蝶・黄梁』、および「運命が出会う夜」のエピソードまで含む)を自分の必要なところだけ読書メモとして抜き出しておきます。新刊が出たら適宜修正します。 2009/06/16 久しぶりに大幅修正しました...

彩雲国物語 朝廷中央大官人事考察&予想(バトン形式)

設定考察8として、『白虹』読了後、ずっと前から気になっていた晏樹言うところの「陣取り合戦」=朝廷大官人事を私なりに大胆予測(希望込み)してみたいと思います。 関心ある方のみ読んでください。 まず、実際の中国でもそうだったように複数の宰相による合議制に変えればいいのではないかと思っています。『紅梅』で悠舜に対して「一の宰相としたい」という台詞があったことからして、「二の宰相」や「三の宰相」が出てきても...

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第25話 「若いうちの苦労は買ってもせよ」 感想

彩雲国物語 アニメ第2シリーズ 第25話 「若いうちの苦労は買ってもせよ」(『緑風』pp.116-93)の感想です。 なんだか怒涛のように話が進んでいきますね。もう珀明が出てきたよ……。ちょっとついていきにくいです。黎深おじさんのシーンが見事にカットだったのが悲しい……。晏樹も出ず。秀麗の二胡、今回は新曲「蘇芳」(だったのかな)をタンタンの前で演奏。いい曲でした。皇毅の笛の音が是非聞きたかったのに、聞けずじまい...

彩雲国物語 『隣の百合は白』 感想 (その3)

彩雲国物語 第15巻(外伝第3巻) 『隣の百合は白』の感想(その3)です。 「地獄の沙汰も君次第」でまだ書ききれていない部分の感想と「幸せのカタチ」の感想を書いていきます。黎深&百合に関しては(その1)を、悪夢組に関しては(その2)をご覧ください。ここでは絳攸とその他補足感想を入れていきます。「地獄の沙汰も君次第」(その3) ・いつでも人生を間違う男:李絳攸今回で絳攸の幼い頃を見ることができましたね。(...

彩雲国物語 『隣の百合は白』 感想 (その2)

彩雲国物語 第15巻(外伝第3巻) 『隣の百合は白』の感想(その2)です。 「地獄の沙汰も君次第」でまだ書ききれていない部分の感想を書いていきます。黎深&百合に関しては(その1)や(ゲット~)記事のほうをご覧ください。もちろん、補足感想も入れていきます。ここでは悪夢組について感想を書いていきます。絳攸&その他については(その3)で。 「地獄の沙汰も君次第」(その2) 悪夢組のメンバーたち(黄鳳珠・鄭悠舜・...

彩雲国物語 『隣の百合は白』 感想 (その1)

彩雲国物語 第15巻(外伝第3巻) 『隣の百合は白』の感想です。今回は雑誌掲載分2作+黎深&百合姫の馴れ初め話の書下ろし1.2本の計3.2本です。*発売日になりましたので正式にネタバレ解禁バージョンでお送りします。未読の方で、ネタバレが苦手な方は「ゲット~」記事のほうをお読みください。彩雲国物語隣の百合は白 (角川ビーンズ文庫 46-15)(2007/11/01)雪乃 紗衣商品詳細を見る上の画像を見ていただいてもお分かりのように...

左サイドMenu

プロフィール

蜂蜜檸檬水

Author:蜂蜜檸檬水
 3年のブランクを経て、日本ファルコムの『軌跡』シリーズについてのブログにジャンル替えしました。待ちに待った『閃の軌跡3』が発売されるのと、個人的に大好きなミュラーさんのご実家であるヴァンダール家が出てくるので、もう楽しみで仕方ありません。プレイ日記なるものを書けるのかは分かりませんが、ぼちぼち進めていきたいと思っています。
*いずれにしましても全部私見ですので話半分で。

(お願い)コメント・拍手コメントを下さる際、必ずHN(ハンドルネーム)を入れて下さい。多くの方がいらして下さっているため、他の方と混同しないようにする必要があります。どうかご協力お願いします。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

ブログ内検索

QRコード

QR

全記事表示リンク

右サイドメニュー